ついに障がい者手帳(精神3級)が発行されたので自分が使えそうな手帳のメリットを探す


うつ病と診断されてから約3年、ついに障がい手帳が手元にきてしまいました。

障害年金は既に去年から受給していますが今まで手帳はメリットを感じなくて取っていませんでしたが、以前の自分語り記事で書いたとおり子供の保育園の点数稼ぎに必要になった為申請したところ申請から約一ヶ月半で発行されました。

うつと症状と仕事と失職と入院と投薬と年金と
うつおじさんなんてタイトルにつけているのにまったくうつ関連の記事を書いていない事に気がついたので少々自分語りをしたいと思っています。 今も前も正直自分がうつだという自覚はまったくありません。下痢や不眠が続いた以外は死にたい衝動があった...

私の場合前述のとおり既に障がい年金(厚生年金3級)を受給している為、医師の診断書は必要なく用意する書類は年金証書だけだったので障がい年金とは違い手続きはあっという間でした。

実際これを手にするとこういう言い方すると語弊があるかもしれませんが、年金の時とは違い本当に障がい者になったんだなという気分になり少し気持ちが落ち込んでいます。

まぁそうは言っても貰ったものは使わないともったいないので沢山ある割引等の中から自分が使いそうな物をピックアップしてみたいと思います。

保育料や税金の減免等もありますがピックアップするのは施設利用のものばかりです。

なお地域によって使える内容が違うようですのでこの記事に記述されている内容は大阪市でのメリットとなります。

ちなみにまだ一回も何にも使っていません。

私が使いそうな精神3級の障がい者手帳が使える施設(大阪市)

大阪市営交通の乗車運賃が半額

障がい者手帳受取と同時に大阪市営交通機関の乗車料金割引証が発行されました。

これを市営バスや市営地下鉄で提示すると3級の場合半額になります。

バスの場合は提示して半額の料金を支払えば良いのですが地下鉄の場合はそれようの窓口に行って提示してから切符を買わないといけないのでちょっと面倒なようです。

でも移動手段は今のところほとんど車なのであまり使う機会はないかなぁ・・・

場所によっては駐車場代やガソリン代考えるとバスとか電車使った方が速くて安い事はしばしばなのですが小さな子供が二人いると公共の機関使って移動するのが億劫というかしんどいんですよねえ・・・

市営のスポーツセンターの利用料金が無料

これが一番使いそうです。

私の一番近所の市営スポーツセンターはプールの料金が1日700円、ジムの料金が1日600円もしますがこれがなんと無料になります。

今まで何回か利用していますが(もちろんお金を払って)通うとなると意外と大きな金額になってしまいます。

これが無料になるのはありがたいことですね。

ただご近所さんが利用しているのであまり人の目にふれたくないって気持ちは正直あります。

というか職員が知り合いなのでまたこんな事を言うと既に手帳を利用している方に語弊があるかもしれませんがいざ利用するとなると提示する勇気がなくなるかもしれません。

映画が本人と付き添い人ひとりまで割引

だいたいの映画館で1000円になるようです。

本人だけではなく付き添い人も一人まで同じ料金になるようなのでもしかしたら嫁と行くこともあるかもしれません。

ちなみに私は映画はほとんど見ません。最後に映画館で見た映画は「ドラゴンボールZ復活のF」です。

駐車場割引

これは利用頻度が高そうな気がします。

図書館など公共の施設の駐車場は無料になるところが多いです。

またそれ以外の施設でも書ききれないほど色んな施設で何割かの割引があるようです。

特に大阪国際空港(伊丹空港)の駐車場は半額になるようですが旅行に行くとき空港の駐車場に数日停めておくと結構な金額になるのでこれは助かります。

ちなみに関西国際空港(関空)の駐車場は精神の障がい者手帳では割引になりません。残念。

 

こんなものですかね今のところ使うビジョンが見えるのは。

障がい者手帳を貰って思ったことまとめ

手帳と一緒に手引てきな冊子をもらいましたが精神障がい3級でも読みきれないほど色んなメリットがあるようです。

面白いものだとゴミを自宅まで取りにきてもらえたりもするそうです。(ゴミ捨ては私の数少ない仕事なので御願いすることはないと思いますが)

またNHKの料金も完全無料になるそうですね。

ちなみに今の家に住み始めて一度も集金の方が来たことがないのでもし来ることがあったら提示したいと思います。

これからはお出かけするときにいちいち割引があるか調べてから行くことになりそうですね。

ただ文中にも何度かつぶやいてしまいましたがやはり手帳を出すのは勇気がいる気がしてなりません。

そして何より親に見せられません。

絵に描いたような昔の人間の両親にはうつで入院したときも泣いて「そんな子に育てた覚えはない!」とかズレた事を言われ、とてもじゃないけど手帳持ちになりましたーなんて言えません。

そんな両親なので入院中も両親は面会できない決まりになってましたしね。

まぁ今住んでいる家は実家の持ちビルの1フロアをタダ同然で貸してもらっているので感謝はしていますが。

話がそれましたが手帳を利用するメリットと手帳を使うことで失うつまらないプライドで揺れているのが正直なところです。

既に年金貰っておいて何を今さらって話なんですけどね。

スポンサーリンク

コメント